定例勉強会「まちいくゼミ」Vol.5 を行いました

3月6日(水)、湘南まちいくプロジェクト定例勉強会「まちいくゼミ」Vol.5 を行いました。
今回の「まちいくゼミ」は、「「合唱」から国を見る ~歌うってどんなこと?~」をテーマに、佐久間恭子さん(昭和音楽大学大学院音楽研究科/おととき♪ 代表)から話題提供していただきました。

話題提供では、「合唱」が国の文化として国民の日常生活に密着しているリトアニアの音楽文化について概説され、リトアニアと日本の音楽文化の相違点についても触れられました。
また、湘南学園中学校・高等学校で行われている「ポーランド・リトアニアヒストリーツアー」の取り組みを、吉川謙太郎さん(湘南学園中学校・高等学校教諭)からお話いただき、異文化や現地の歴史を生徒がどのように学びとっているかを伺うことができました。

当日は、合唱活動をされている方々を中心にご参加いただき、意見交換が盛り上がりました。
シティズンシップ教育とは少し離れた領域でのテーマとなりましたが、異文化に触れることで外側から自国を捉え直すことは、めぐりめぐって市民性を育むことにつながります。来年は東京五輪を控えていますし、改めて外側から自分たちの国のみならず、まちや社会を捉えなおすきっかけが必要と感じます。

参加者の皆さま、話題提供された佐久間恭子さん、会場を提供していただいた湘南学園の先生方、この場を借りて御礼申し上げます。

中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」 2017~18年度活動報告会のお知らせ

190317
 
この度、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」では、2017年度から2年間にわたり活動してきた総括として、活動報告会を開催することになりました。
参加申し込み受付はまだですが、日程・会場が確定しましたので、速報版として皆様にお知らせいたします。

中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」とは、藤沢・鎌倉地域の中高生が学校をこえて集まり、大学生・若手社会人のサポーターとともに、自分たちの住むまちを良くするための企画を考えて実行していく約半年間のプログラムです。

私たちの活動に興味のある高校生や大学生の皆さん、学校の先生方や地域の皆さまなど、ぜひ奮ってご参加ください。
皆さまのご参加を、お待ちしております!

―――<中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」2017~18年度活動報告会 開催概要>―――

【日程】2019年3月17日(日) 14時00分~17時00分
【会場】藤沢市市民活動推進センター 会議室A
    (神奈川県藤沢市藤沢1031 小島ビル2階(地図))
【交通】JR東海道線・小田急線・江ノ島電鉄線「藤沢駅」北口から、徒歩8分
【対象】「こみゅーす」の活動、子ども・若者の社会参加、シティズンシップ教育/主権者教育に関心のある方

【内容】参加中高生による活動報告、参加者を囲んだ意見交換、参加中高生・サポーターの学びの発信

【申込】申し込みフォームよりお申し込みください。

【主催】湘南まちいくプロジェクト(WEBFacebook
    Email: info [アット] shonan-machiiku.com
    ※ [アット]を@に変更してお送りください。
    ※お問い合わせは、上記メールアドレスへご連絡ください。
【後援】藤沢市(申請中)、藤沢市教育委員会(申請中)

「こみゅーす」これまでの活動のふりかえりをしました!

11月25日(日)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」では、約2ヶ月ぶりの活動を行いました。
9月23日(日)の活動を最後に意見書の原稿作成が終わり、2017年夏から続いてきた一連の活動に、一旦の終止符が打たれました。

この日は、参加中高生が集まり、これまでの活動をふりかえりを行いました。
夏休み以降、慌ただしい日々を過ごしてきましたが、すこし肩の力が抜けた今、これまでをふりかえり、それぞれの想いを探ることにしました。

今回取り組んだ企画を終えての感想や新たに挙がった課題、これまでの活動をとおして自分自身に気づいたこと、考え方や意識の変化、できたことやできなかったことなどをワークシート形式で書いてもらい、全員で共有していきました。
その後、A4用紙に「スモールステップ目標」を書き、全員で共有してお開きとなりました。

dsc_0497

「公園でボール遊びができるように、ルール等の改善をしていきたい!」という問題意識のもと、1年3ヶ月が経過しました。
長きにわたって精力的に活動してきた高校1年生の参加者をはじめ、今年度から加入した中学3年生とともに、一連の活動が一段落しました。お疲れ様でした!

「こみゅーす」公園でのボール遊びを改善する意見書を作っています!

9月16日(日)、20日(木)、23日(日)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」では、小学生以上の公園でのボール遊びを解禁するルールの改善案をふまえた意見書を作成していきました。
約1年近くの活動経過と、現状のルールに対する思い、アンケート調査をふまえて参加中高生が考えるルール改善案など、全14ページにわたる意見書となります。

この日は、参加中高生やサポーターで役割分担を決め、文章を書くアウトラインを考えたり、書き上げた草稿を他の人たちで回し読みして校正したりしました。
完成した暁には、地域の町内会や公園を管理する自治体の所管課などに提出する予定です。

dsc_0099 dsc_0114

「こみゅーす」公園でのボール遊びルールの改善案を作っています!

8月19日(日)・26日(日)・9月2日(日)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」では、小学生以上の子どもたちが公園でボール遊びができるよう、参加中高生自身でボール遊びを解禁するルールの改善案を作成していきました。

これまでにも何度かルールの改善案を作成しては、地域や行政の方との意見や助言をいただいてきました。
今回はその下地をふまえて、また小学生を対象に行ったアンケート調査結果を活かしながら、ルールの改善案を作成していきます。

この2回のミーティングでは、参加中高生の敲き台をもとにサポーターも含めて意見を交換し、時には地域の方からも助言をいただきながら、少しずつより良い形にしてきました。
話し合いの中で常に論点となるのは、「小学生目線のルールになっていないか?」ということ。
老若男女が合意できるルールづくりは難しい作業ですが、少しでもそれに近づけるよう、頭を突き合わせて考えています。

kimg3081dsc_0009

「こみゅーす」アンケート調査集計を行いました!

8月14日(火)、鎌倉市内の学童施設で実施させていただいた、公園でのボール遊びに関する小学生対象のアンケート調査の集計作業を行いました。

39543703_1140054422802418_4342190474304421888_o
 
学童施設、屋内遊び場など4つの施設で行い、回答率は予想を超える約40%となりました。
集計作業の手順やポイントを確認し、参加中高生やサポーターとともに丁寧に集計していきました。

39506455_1140054412802419_1698437481399058432_o39572504_1140054429469084_4507566978856124416_o
 
この日は集計数を挙げるに留まり、後日、グラフ化し分析を進めながら、公園でボール遊びができるよう参加中高生が考えるルール案を作成していきます。
この調査結果は整理したのちに、弊団体ホームページ等でも公開していきたいと思います。

「こみゅーす」アンケート調査依頼+公園見学を行いました!

中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」では、今年度初めから企画実行にむけて着手していた、小学生を対象としたアンケート調査が鎌倉市内の学童施設で実施できることになり、調査用紙を持って施設へ直接訪問しました。
8月上旬の約10日間、学童施設や屋内遊び場で行います。

アンケート調査実施の施設訪問の後は、今年度から参加している中学3年生とともに、鎌倉市玉縄・植木地区の公園の様子を見学しました。
一般的な街区公園では「ボール遊び禁止」という看板が軒並み立っているなか、ボール遊びができる公園・広場を紹介する看板もありました。炎天下の中で、子どもたちが遊び風景は見られませんでしたが、少しでも雰囲気をつかむことができたのではないでしょうか。

kimg2987kimg2999
kimg2995

藤沢市青少年問題協議会全体会で講演しました!

6月7日(木)、藤沢市青少年問題協議会の会議にて、代表・石原が講演させていただきました。

37956625_1115044598636734_673416087072669696_o

本協議会では、昨年度より2ヶ年度計画で「地域づくりで活躍する若者の応援と育成」を主題に、具体的方策について審議されています。
当日は〈若者が「まちのつくり手」となるまちへ〉をテーマに、2013年度から3年間実施した「まちつくクラブ in 湘南」、2017年度から実施している「中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」」の活動を報告しました。また、事業運営における課題や石原の経験上の知見などをもとに、さまざまな視点から若者応援・育成の仕組みづくりにむけた問題提起させていただきました。

私たちが行ってきた実績や思いを言葉にしてまとめること、発信することで、改めてこれまでを振り返り、考えさせられます。
今後も、こうした形で発信する機会をつくっていけたらと思います。

37910077_1115044685303392_686446923359453184_o

2018年度「こみゅーす」の活動はスタートしています!

今年度の中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」は、4月より始まりました。
2017年度からの参加者(高校1年生)が引き続き参加し、「公園でボール遊びができるように、ルール等の改善をしていきたい!」という参加者の問題意識のもと、本格的に地域へアクションを起こしていきます。

5月20日(日)の活動では、主な公園利用者である小学生を対象にアンケート調査を行うため、アンケート用紙を作成しました。
「こういう質問をしてみたい」という参加者に対して、「なぜ、このような質問をするの?」とサポーターが尋ねながら、参加者の思いを深く掘り下げつつ、ねらいを一つひとつ確認しました。

小学生を相手とするアンケートなので、基本的な「てにをは」をはじめ、どのような言葉なら伝わりやすいかを、参加者もサポーターも考えながら、時に言葉遊びをしながら、楽しく作成していきました。

この先、参加者は学校の定期試験シーズンに入りますが、小学校や学童施設へのアンケート調査依頼を進めていきます。

kimg2869

定例勉強会「まちいくゼミ」Vol.4 を行いました!

4月17日(火)、湘南まちいくプロジェクト定例勉強会「まちいくゼミ」Vol.4 を行いました。
今回の「まちいくゼミ」は、「海外4ヶ国における政治教育実践をとおして日本の主権者教育を考える」をテーマに、林大介さん(模擬選挙推進ネットワーク代表)から話題提供していただきました。

33342177_1058805407593987_5691427422113628160_n

前半では、林さんがこれまで視察してきた、ドイツ、アメリカ、コスタリカ、スウェーデンの4ヶ国における模擬選挙や主権者教育の
様子を写真を交えて報告し、その後、日本の現状や課題について問題提起していただきました。

後半では、林さんの視察報告に対する質疑応答や意見交換を深めました。
高校のみならず小学校・中学校から段階的な教育活動の推進が必要、自分の意見を安心して発言できるような、ありのままの自分でいられる場が必要などの意見が挙がりました。
予備知識を要するような会となってしまいましたが、高いレベルでの学びが得られたのではないでしょうか。

33355494_1058805400927321_7870086695822032896_n

33365712_1058805414260653_6721348588145737728_n

参加者の皆さま、話題提供された林大介さん、会場を提供していただいた湘南学園の先生方、この場を借りて御礼申し上げます。
次回のまちいくゼミは、7月頃の開催を予定しています。