「こみゅーす」2017年度成果発表会を行いました!

3月18日(日)、2017年度の活動の総まとめとして、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」成果発表会を行いました。
当日は中学生から大学院生、行政・NPOの方まで多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

2018318%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a_180325_0064

前半は、弊団体メンバーより「こみゅーす」の活動概要を説明したあと、参加者(中学3年生)より半年間にわたる活動報告を行いました。

2018318%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a_180325_0017 2018318%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a_180325_0013

後半は、参加中学生とサポーターが登壇してトークセッションを行いました。
参加者の質問に対して参加中学生やサポーターが話をしたり、今後のアクションや「これからの公園のあり方」について意見交換を深めたりする時間を共有しました。
中締めのあとの時間は交流会を行い、参加中学生、発表会参加者、サポーターが話をしながら交流を深め、つながりを築く時間としました。

2018318%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a_180325_0045

2017年度は参加中学生1名のもと、ボール遊びができる公園をめざして活動をしてきましたが、参加者の意向のもと、2018年度も継続して活動していくことが決定しました。
私たちのような小さな活動に関心をもち、その必要性を感じてくれている方々の存在は、次年度以降の活動の励みとなります。
引き続き、多くの皆さまからのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

「こみゅーす」中高生企画を行いました!

去る2月11日(日)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」の参加者(中学3年生)による企画として、「公園でのボール遊びについての意見交換会」を行いました。
行政関係者やNPO活動をされている方、地域住民の方などにご参加いただきました。

2017年10月実施の中間発表会以降、「公園でボール遊びができるように、ルール等の改善をしていきたい!」という参加中学生の問題意識のもと、行政へのヒアリングや公園利用者へのアンケート調査を行ってきました。
それらの結果をもとに、「公園でのボール遊びについてどう思うか?」という主題で、参加者1人ひとりの思いや意見を伺う時間としました。

また、アンケート調査の結果をもとに参加中学生が考案した、公園でのボール遊びに関する新ルールを提案し、それについての意見交換も行いました。
参加者の方からは、「公園は市民みんなが利用するものだから、さまざまな利用者目線でのルール作りが必要」「今後、新しいルールを地域住民とともに話し合っていってはどうか」といった意見をいただきました。

当日は、公園管理を担当する行政関係者にも参加していただけたので、公園利用のあり方や現状についても伺える貴重な機会となりました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

kimg2459 kimg2463

定例勉強会 第3回「まちいくゼミ」を行いました!

2017年12月12日(火)、湘南まちいくプロジェクト定例勉強会 第3回「まちいくゼミ」を行いました。

27545210_999702913504237_1497694431762172772_n

 
今回のまちいくゼミは、「地域連携型子ども支援を通した大学生の地域社会参画」をテーマに、清水葉月さん(東海大学文学部3年生/東海大学チャレンジセンターユニークプロジェクトConnect代表)から話題提供をしていただきました。

27336803_999702933504235_3334238806848029904_n

 
清水さんが代表を務める団体では、「子ども・若者が社会参加を通じて、人と人、人と社会がつながり、自分らしく生きていく」というビジョンに掲げています。
東海大学湘南キャンパスがある神奈川県平塚市・秦野市を拠点に、地域の子ども支援を主眼においた活動が展開されています。その活動を通して、学生と地域の子どもがつながる、学生と地域との関係を密にすることをねらいとしており、その団体の実践を報告されました。

その後は、話題提供の時間では触れられなかった細かい視点を確認しあい、参加者それぞれのご所属での実践もふまえながら、意見交換を深めました。
気がつけば、閉会時刻を大幅に過ぎてしまいましたが、大学生のシティズンシップ教育についての新たな視点を共有された時間となりました。

27750690_999702936837568_8460066845623556716_n

 
参加者の皆さま、話題提供された「Connect」の皆さま、会場を提供していただいた湘南学園の先生方、この場を借りて御礼申し上げます。
次回のまちいくゼミは、2~3月頃の開催を予定しています。

「こみゅーす」中学生の活動が進んでいます!

随時の報告ができず申し訳ありませんが、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」の活動は、日々前進してきています。

去る10月21日(土)の中間発表会以降、その場で出た意見をもとにふりかえりを行い、「公園でボール遊びができるように、ルール等の改善をしていきたい!」という方向性でまとまりました。
その後、行政へヒアリングを行ったり、公園でボール遊びは禁止事項に入っているのかについてフィールドワークを行ったり、実際に公園利用者へアンケート調査を行ったりしてきました。

現在は、地域住民など公園利用のステークホルダーとの意見交換会を企画するために、準備を進めています。
詳しくは、追ってお知らせします!

26961667_991491587658703_2296304976918465189_o

「こみゅーす」中間発表会を行いました!

遅ればせながらの報告で恐縮ですが、去る10月21日(土)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」の中間発表会を行いました。
参加者1名(中学3年生)が、大学生・社会人サポーターとともに約2ヶ月間の活動の中で行ってきた、「まちの課題をみつける」「課題の解決策を考える」の2ステップの成果を発表しました。

kimg1861
 

中学生参加者の問題意識や原体験をもとに、「外で遊びたい子どもがもっと遊べるようにするには」というテーマを掲げて活動してきました。
そのテーマに関する先行事例を紹介したり、データ分析から参加者自身の解決策として「山を活用したらどうか?」と提案したりしました。

171021%e3%81%93%e3%81%bf%e3%82%85%e3%83%bc%e3%81%99%e4%b8%ad%e9%96%93%e7%99%ba%e8%a1%a8_171208_0021

後半の意見交換では、地域で活動される方3名をアドバイザーとして招き、それぞれの立場や観点から質問や意見が飛び交いました。
中学生参加者が考える方向性だけでなく、さまざまな方法や考え方の視点を例示され、中学生参加者のみならずサポーターにとっても、視野の幅が広がった時間になりました。
アドバイザーとしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

171021%e3%81%93%e3%81%bf%e3%82%85%e3%83%bc%e3%81%99%e4%b8%ad%e9%96%93%e7%99%ba%e8%a1%a8_171208_0033

171021%e3%81%93%e3%81%bf%e3%82%85%e3%83%bc%e3%81%99%e4%b8%ad%e9%96%93%e7%99%ba%e8%a1%a8_171208_0009
 

また、中間発表会では、弊団体メンバーがグラフィックレコーディングを、会の進行と同時並行で制作していきました。
これは文章という形の議事録だけでなく、目に見える形で、今後のミーティングでの振り返りや企画を考える場などで活用していきます。

171021%e3%81%93%e3%81%bf%e3%82%85%e3%83%bc%e3%81%99%e4%b8%ad%e9%96%93%e7%99%ba%e8%a1%a8_171208_0039

「こみゅーす」サポーター研修を行いました!

9月10日(日)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」のサポーター研修を行いました。
以前、弊団体メンバーが内部研修用に作成した「高校生によるまちの問題解決活動サポーターガイドブック」を活用し、こみゅーすにおいて中高生の活動支援をしていくにあたり、押さえておきたいこと、大切にしたいことを学び合います。

kimg1583

第1回目の研修となった今回は、「中高生と関わる上で大切にしたいこと」をテーマに、付箋に書き出し、参加メンバーと共有しました。
時間がない中で、半ば無理矢理収束させた形になってしまいましたが、それぞれのサポーターの考え方や価値観を分かち合うことができました。
今後も継続的に、サポーター同士の学びを深める機会をつくっていきたいと思います。

kimg1585

レディオ湘南のラジオ番組に出演しました!

いつもお世話になっている認定NPO法人藤沢市民活動推進機構が受け持つ、レディオ湘南「Palette」内のコーナー「NPO Cafē」に、代表・石原とメンバー・矢野が、8月24日(木)に出演しました。

放送前日の8月23日(水)、藤沢市内にあるレディオ湘南のスタジオにて収録を行ってきました。
湘南まちいくプロジェクトの団体紹介、現在取り組みが進んでいる「こみゅーす」や「まちいくゼミ」の活動紹介など、ざっくばらんな座談形式で取り上げていただきました。
終始、緊張と楽しさが入り混じる時間となりましたが、私たちの取り組みを伝えられたのではないかと思います。

received_1412426362174697

「こみゅーす」プレイベントを開催しました!

8月5日(土)、中高生によるまちの課外活動「こみゅーす」のプレイベントを行い、高校1年生と高校3年生の2名が参加してくれました。
この日は「藤沢のまち歩き」をテーマに据え、サポーターが用意したミッションに沿いながら藤沢市内を小一時間程度歩いてみる、というプログラムでした。

21078349_924060734401789_8509250660233617662_n

まずはじめに参加者・サポーターで自己紹介を行い、お互いの顔と名前が一致したところで、まち歩きのコースを話し合って決めました。
いくつか候補がある中で、参加高校生の「ふだん行くことがない歴史文化のあるエリアに行ってみたい」という意見から、藤沢駅周辺とその北にある旧東海道・藤沢宿周辺を歩くことにしました。

当日は汗ばむ真夏の陽気だったため、まち歩きをするにはやや過酷な状況ではありましたが、水分補給をとりつつ、藤沢駅周辺の新旧入り混じるまちの雰囲気や藤沢の歴史文化を訪ねていきました。

21078301_924060804401782_5607352135188019185_n

まち歩き終了後は参加者同士でふりかえりを行いました。
ポストイットに思ったこと感じたことを書いていく中で、「まちの雰囲気が良かった」「まちの魅力をあまり発信できていないような気がした」などの意見が出て、現状の課題解決よりも潜在的な魅力をどう発信していくかという視点に関心をもっていることが伺い知れました。

21192772_924060837735112_3725407233085200309_n

湘南まちいくプロジェクトにインターン生が来ました!

今年度、湘南まちいくプロジェクトは、認定NPO法人藤沢市民活動推進機構が主催する「地域でつながるワカモノ×npoインターンシッププログラム2017」の受入団体として参画しています。

このインターンシッププログラムは、高校生やワカモノを地域のNPOや市民活動団体とつなぎ、一定期間「団体の一員」として社会や地域の課題解決に取り組む機会を設けるものです。
地域とのつながりが生まれることで、将来、地域の市民活動を担う人材が育成されること、またワカモノの参加によってNPO等の組織基盤が強化されることが期待されています。

去る6月25日は、湘南まちいくプロジェクトがインターン先として決まった大学2年生の学生が、私たちの団体の仲間入りをしました。
まずお互いの自己紹介をしてアイスブレイクをしたあと、団体の活動概要説明、インターン生として取り組んでいきたいことなどについて話をしていきました。

初めは緊張した様子でしたが、自己紹介でお互いの“素”を知ることで、次第に打ち解けていく様子が伺い知れました。
私たちの主催事業を中心に、湘南まちいくプロジェクトのメンバーの一人として活躍していくことでしょう。

20032061_901464316661431_7371344817969664681_n

定例勉強会 第2回「まちいくゼミ」を行いました!

6月21日(水)、湘南まちいくプロジェクト定例勉強会 第2回『まちいくゼミ』を行いました。

今回の『まちいくゼミ』は、「湘南学園ESDの取り組みについて」をテーマに、湘南学園中学校・高等学校の先生と生徒さんから話題提供をしていただきました。
学校の先生の立場からは、吉川謙太郎さん(湘南学園中学校・高等学校教諭)より、湘南学園全体で取り組まれているESD(持続可能な開発のための教育)授業実践について、ご紹介いただきました。
生徒の立場からは、首都圏の中高生が考える「鹿児島県鹿屋市が抱える100の課題」チャレンジ事業(通称:かのや100チャレ)に参加している皆さんから、鹿児島県鹿屋市の課題解決プロジェクトについて、お話いただきました。

20170621_184517222

20170621_185801059

 
今回の『まちいくゼミ』には、シティズンシップ教育に関心のある学生、地域NPOの方、行政関係者、学校・大学の先生などさまざまな立場の方にご参加いただきました。
湘南学園の取り組みや「かのや100チャレ」のプロジェクトに対して、さまざまな立場の視点から質問や意見が飛び交い、閉会後もしばらく歓談の時間が続きました。

20170621_195907574

 
「かのや100チャレ」の生徒たちにとっては視点の幅が広がる刺激的な時間に、参加者にとってはネットワークが広がる良い時間になったのではと思います。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
次回の『まちいくゼミ』は、8~9月頃の開催を予定しています。